三浦半島でおすすめの観光スポットならこの3つ!

1.海洋生物の楽しいショーがいっぱい!

相模湾を一望できる場所で、様々な海洋生物と出会いたいなら、「京急油壺マリンパーク」がおすすめです。この水族館の特徴は、何といってもサーカス型のイベントが伝統的に充実していること。屋内大海洋劇場「ファンタジアム」では、イルカやアシカによる定番ショーはもちろん、ミュージカル劇仕立てのショーまで楽しめます。また飼育展示施設も豊富にそろっており、大回遊水槽「ドーナツの海」ではノコギリエイやシロワニ、さらに本州では唯一のオオメジロザメなど、迫力のある海洋生物を間近で目にできます。

2.幕末の歴史も学べる海浜公園!

三浦半島は幕末に黒船でペリーが上陸した、歴史的なスポットとしても有名です。そんなペリーを記念して、久里浜港のそばには「ペリー公園」があります。園内には初代総理大臣として知られる、伊藤博文が碑面を書いた、大きな上陸記念碑が立っています。またペリー記念館では、貴重な展示資料やリアルなジオラマによって、上陸当時の様子を詳しく紹介しています。まさに幕末の歴史を学ぶのには、最適なスポットと言えるでしょう。

3.三浦半島で定番の海水浴場といえばココ!

逗子駅から歩いてわずか10分。相模湾に面して大きな弧を描くように続くビーチ、それが「逗子海水浴場」です。遠浅で穏やかな波が打ち寄せるビーチには、例年夏になると子どもから大人まで、大勢のレジャー観光客が訪れます。またウインドサーフィンのメッカとしても知られ、年間を通じてサファーの楽しむ光景を目にできます。さらに花火大会や流鏑馬といった年間行事の会場にもなるので、海水浴以外でも十分に楽しめるスポットです。

ヤートラルートとは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です